印象が変わる!ホームページでどんな色を使えばいい?

清潔感を出せる白が基本

ホームページのデザインを作成するにあたって、ベースとなる色を決めることはかなり重要です。というのは、どの色を前面に出すのかということによって全体のイメージが決まってくるからです。では、ホームページの背景によく使われる色と、その色が与える印象にはどういったものがあるでしょうか。
まず、背景色としてもっともベーシックなものとして挙げられるのは白です。白が与える印象にはどういったものがあるかというと、清潔感、清涼感といったものになります。なので中立を標榜するニュースサイトには向いているといえるでしょう。また、背景が白だと文字がたくさん並んでいても読みやすくなるので、個人のブログなどの文字数が多いページにも向いています。

アングラなイメージを出したいのであれば黒

黒も背景色としてある程度使われる色です。黒が与える雰囲気ですが、やはりアンダーグラウンド的なものになります。なので、そういったテーマを扱うサイトであれば、黒ははまるでしょう。ただ、一般的なテーマを取り扱った個人サイトで黒を前面に押し出すのはあまり勧められません。というのは、背景が白、文字が黒という組み合わせに比べると、背景が黒で文字が白というデザインはあまり見やすいとはいえないからです。実際、書籍のデザインでも紙が白やクリーム色で文字が黒というのがほとんどで、紙が黒で文字が白というのは、かなり少ないです。
白と黒以外の色だと、青や赤もホームページのデザインでよく使われる色です。青は海や夏をイメージさせることができますし、赤は重要なことを伝える場合、注意を引きやすい色といえます。